奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
螺旋。
0

     

    太田市美術館の展示が完全に終了しました。
    高橋大輔くんが僕の空間に配置した34点の絵は、内容もサイズも形式も、すべてが僕の絵とポリフォニックに呼応していて直すところは一つもありませんでした。多声的な大空間の中で一か所だけ二人の絵が重なっているところがあります。これも二人の描く螺旋が一点交わるところか。ぜひ会場で探してみてください。

     

    思いの外早く終わったので、前から行きたかった桐生の大川美術館まで足をのばす。
    私設美術館にある個性的な建築空間とオーナーの濃密な思いが相まって贅沢な時間を過ごせました。
    作家やってて、思いもよらなかった場所に誘われるのはひとつの醍醐味ですよね。今回は群馬と出会うことができました。

     

     

    さて2月5日は内覧会、2月22日には高橋くんとトークです。会場でお会いできたらうれしいです〜

    太田の美術vol.3「2020年のさざえ堂——現代の螺旋と100枚の絵」
    2020年2月6日(木)〜2020年5月10日(日)

    対談:絵画百態よもやま話
    出演:高橋大輔、三瀬夏之介
    日時:2020年2月22日(土)午後2時〜3時30分(開場:午後1時30分)
    会場:当館3階視聴覚ホール
    定員:80名(事前申込制)

     

    | natsunosuke | 展覧会 | 09:57 | - | - | - | - |
    おにの神さん。
    0

       

       

      学生たちの素晴らしい動きにより、あっという間に展示が仕上がりました!

      本館1階のTHE WALLでは長沢明さんとの絵本の原画展、7階のTHE TOPではゼミ生石原葉の9年間の集大成、博士学位論文審査公開発表会が始まります!
      ぜひ山形まで!

       

       

       

      「三瀬夏之介、長沢明 出版記念原画展」
      会期:2019年12月16日(月)〜2020年1月24日(金)
      時間:9:00〜20:30
      閉館:土・日、年末年始12月25日(水)〜2020年1月5日(日)
      会場:東北芸術工科大学本館1階ギャラリー「THE WALL」(山形市上桜田3-4-5)

      トークショー
      日時:2019年12月20日(金) 17:10〜18:30

      会場:こども芸術大学 認定こども園
      タイトル:「絵描きが絵本を描くまで」
      登壇者:満名要大氏、岡崎俊基氏(福音館書店こどものとも編集部)、三瀬夏之介、長沢明

       

       

      「大学院芸術工学博士課程 博士学位論文審査 公開発表会」
      会期:2019年12月16日〜12月20日
      時間:10:00〜19:00
      会場:本館7階 THE TOP

      論文発表
      日程:2019年12月17日(火)
      会場:本館7階 THE TOP
      発表者 時間 テーマ
      ●石原 葉 9:00〜 
      絵画領域における視座の共有とシアトリカリティ
      ●小野木 亜美14:00〜 
      身体による「時間」の造形方法

       

       

      | natsunosuke | 展覧会 | 15:33 | - | - | - | - |
      エピローグ。
      0

         

        さて、展覧会冒頭で皆さんをお出迎えしてくれた雷神社の風神雷神像は、文化財保存修復研究センターによる応急措置の後、大江町歴史民俗資料館に収まることになった。寛文年間より知られる名家、齋藤家の母屋と土蔵を移築した立派な資料館で、江戸から明治まで百数十年にかけて奉納されてきた風神雷神像の手前に掛けられてあった御戸帳はすでにここに収蔵されている。

         

        ものはこの世に生み出された瞬間から劣化を始め、元の姿に戻すことは本質的には叶わない。ただその存在の意味を現代的な意識で解釈し紡ぎ直すことで修復し「展覧会」を通して新たな価値を付与し地域に戻すことはできないだろうか?

         

        この作り手もわからない小さなお像は、いつかその存在の意味を織り直してもらうこと静かに待っている。

         

         

          

        | natsunosuke | 展覧会 | 14:11 | - | - | - | - |
        「採集と表現と」
        0

           美術というフィールドだけに目を向けていたなら、清水大典という存在を知ることはなかっただろう。ここ山形では多くの「美術以外」の切実な表現に出会う。

           

           秩父生まれのある批評家に連れられて豪雪の米沢に向かったのは2年前の冬。米沢市上杉博物館で見せていただいた冬虫夏草図の数々に驚かされた。

           採取したその瞬間から変色が始まる冬虫夏草の色彩を描き留めることは、菌類学者である清水にとって科学的な実証の態度だとして、しかしなんとその絵の美しく魅力的なことか!なんと清水は納得のいく線描、細部の再現を突き詰めるためネズミの髭を使って筆の自作まで行っている。自己表現では決して到達できない、強い強い欲望から生まれた表現の世界がここにある。

           

           また、清水が1956年から始めた「きのこ展」は、市民の食中毒を防ぎたいという思いから開始されたものだが、現在も脈々と受け継がれ開催され、今年はビエンナーレの最終日である9月23日に米沢コミュニティーセンターで開催される。

           飢饉に悩まされ続けてきた米沢において、「食べる」という行為と結びついた切実な「展覧会」ということでここに紹介したい。

           

           

           

           

           

          | natsunosuke | 展覧会 | 17:30 | - | - | - | - |
          「ムカサリ絵馬」を「展示」することについて
          0

            「ムカサリ絵馬」を「展示」することについて

             

             

             「ムカサリ絵馬」は「展示」してよいものなのだろうか。この問いかけは企画当初の我々の中にもあり、そして時折、他者からも投げかけられる。

             本来、「ムカサリ絵馬」の多くは寺社の本堂や観音堂など信仰の場に掲げられている。そこを訪れる者は誰でも「ムカサリ絵馬」を目にすることができるのであるが、それはもちろん「展示」ではない。

             今回は、9つの寺院と山形県立博物館から特別に絵馬をお借りすることが出来た。しかしながら実は、「ムカサリ絵馬」は「供養のためのものであり展示するものではない」と、いくつかの寺院からは絵馬をお借りすることを断られている。

             絵馬の借用を断られること、それは当然のことである。なぜなら「ムカサリ絵馬」は未婚で亡くなった方のために、生前に果たせなかった結婚をさせてあげようと神仏に願うために描かれた絵馬であり、人に見せるために描かれた絵馬ではないからである。そして、そこには子やきょうだいを亡くした方々の痛切な思いが込められているからである。

             ムカサリ絵馬を納めたある方は亡くなった息子さんを思い出しながら涙を流しながら一生懸命自分で絵馬を描いたという。ムカサリ絵馬を納めた後も、気持ちが晴れることはなく、毎晩息子さんが亡くなった時刻に目が覚めてしまうという日々がもう15年以上も続いているという。その方の納めた絵馬がお寺に大切に保管されていることを私が話すと「ありがたいなあ」とおっしゃっていた。また、別のある奉納者はムカサリ絵馬を一度納めた後も、月命日に毎月必ずお寺にやって来て自分が納めた絵馬に手を合わせていくという。

             子やきょうだいを年若くして亡くし、生きていれば叶えてやれること、してあげられること、それが全くできなくなってしまうというのはどれほどの苦しみと悲しみなのだろうか。経験のない者にとっては全く想像のつかない壮絶なつらさであることはいうまでもない。

             「ムカサリ絵馬」は本来、「展示」するものではないのかもしれない。しかしながら「ムカサリ絵馬」は日本の死者や結婚に対する思想について学術的に貴重であり、多くの研究者が目にする機会を与えるのは意義のあることと思っている。また、これまで「ムカサリ絵馬」は好奇の視点から奇異な風習として注目されることも多々あり、誤解されてきた。展覧会で研究者のみならず広く一般の方々に実物を見ていただくことにより理解を深めていただけるのではないかとも期待している。我々はけして安易な気持ちではなく、絵馬を貸して下さった寺院と奉納者への敬意をけして忘れてはいない。そのような我々の趣旨と心情をご理解いただき、本展覧会もしくは図録をご覧いただければと願っている。

             

            「ムカサリ絵馬」展実行委員会副代表

            志賀祐紀

             

            志賀祐紀「「ムカサリ絵馬」を「展示」することについて」、小田島建己、志賀祐紀、毛利夏子編『「ムカサリ絵馬展」―描かれた死者の結婚式―』、「ムカサリ絵馬展」実行委員会、2010年9月25日、36頁。

             

             

            | natsunosuke | 展覧会 | 12:28 | - | - | - | - |
            「なくしたものとムカサリ絵馬と」
            0

               とある社会人向けのデッサン講座を担当していた時のこと。その頃、僕は東北大学附属図書館で見たムカサリ絵馬というものに夢中になっていた。ムカサリとは婚礼のことで、事故、病気などで子を失った親が、架空の人物との婚儀の様子を描いた絵馬を奉納するという風習が村山地方に伝わっている。当時の僕は描くことの意味に少し迷っていて、祈りそのものとして描かれた絵馬の存在が気になって仕方なかった。

               

               講座を受講されている方が村山地区から来られているということを知り、ムカサリ絵馬の存在を聞いたところ、なんと亡くなった娘への絵馬を描くためにこの講座に参加しているということを聞かされた。彼女は「わたしは絵心がないので、この講座を通して写真のように上手く描けるようになりたい」と僕に言った。

               

               「上手い絵」とは何だ?

               そう、ものを新たに生み出すということはもっともっと切実なものだったのではなかったか?

               これまでアートシーンと呼ばれる人工的な場所でキャリアを積み上げてきた僕にとって、衝撃と共に打ちのめされる経験だった。

               

               「ムカサリ絵馬」を「展示」することには様々な意見があるだろう。しかし今回の展覧会を通して、これからものを作り出す若い人たちにぜひ見てもらいたいという強い思いが勝った。

              僕たちの趣旨をご理解いただき、絵馬を快くお貸しいただいた久昌寺のご住職には感謝申し上げたい。

              | natsunosuke | 展覧会 | 18:03 | - | - | - | - |
              修復は可能か?
              0

                なんと気づけば4月からブログを更新してませんでした。

                ここ最近は勤務する東北芸術工科大学が主宰する山形ビエンナーレにかかりっきりでした。

                1日の休みもない熱い熱い夏を終えてひと段落。ちょっとづつキュレーションした展覧会を振り返っていこうと思います。

                 

                あの集落に入り込んだ頃はまだ雪が残ってました。

                 

                 

                「修復は可能か?」

                 

                 「この像を修復することは可能だろうか?」と胸に問いかけてみる。

                 

                 それは保存修復家の友人に案内され、山形のとある中山間地域を訪れた時のことだった。彼が調査の最中に出会ったという奇妙な風神雷神の画像を見せてくれた時には胸が躍った。奈良で生まれ育った僕にとっては見たことのない素朴でぎこちない造作、しかしそれでいてなぜかこちらに強く迫ってくる像に圧倒された。

                 大学から小一時間ほど車を走らせたそこはすでに廃村となっており、神社は管理されることもなく鳥居は倒れ、屋根は崩れ落ちている。残雪の湿気とカビの匂いが充満する暗いお堂の奥底で風神雷神は僕を待っていた。そしてそれは、思っていたよりもか弱く小さな小さなものだった。

                 

                 この像はこれからどこにあるべきなのだろうか?

                 丁寧に修復して博物館に納める。しかし、そこは本当の意味ではこの像のあるべき場所ではない。しかし、この像を待っている者はもういない。このままでは来年の今頃には豪雪に押し潰され、いつしか土に還るだろう。それはそれで美しい結末か。

                 機能を失ってしまった神々の行く末を案じる内に、最初の問いはいつしか「地域の修復は可能だろうか?」という問いへと変わっていた。

                 

                 今、山形を考えることは、決してここだけの問題ではない。それはもう壊れ失くしてしまったことに気付くということであり、それをどのように回復するのかという辺境と呼ばれる場所すべての問題でもある。

                 本展覧会では、過去の遺物と現在の問題をつなげる交差点として空間を作り上げた。時空を超えた出会いのものがたりを読み解いて

                JUGEMテーマ:アート・デザイン

                ほしい。

                 

                 

                 

                 

                | natsunosuke | 展覧会 | 17:40 | - | - | - | - |
                キューバ紀行3
                0

                   

                  展示期間にのんびりと流れる時間から一変して、記者発表からオープニンパーティーへと怒涛の流れと多くの人々。

                  キューバの人たちはとても人なつっこい印象。滞在中に治安的に怖い思いは一度もなかった。

                  日系キューバ人の方とも話したし、スペイン語しか話せない地元のアーティストからは麦酒を飲もうと誘われた。

                  表現に対するタブーはもちろんあって、日本人作家の作品も見方によってはリミットに触れていると思う。

                   

                  風人によるかく拌。

                   

                   

                   

                  国際交流基金の人たちの動きが素晴らしかった。熱き思いとウィットを忘れずとんでもないバイタリティー。

                  若きキュレーターの異文化交流という裏テーマもあったよう。またどこかでお仕事したい仲間たちです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  | natsunosuke | 展覧会 | 20:25 | - | - | - | - |
                  キューバ紀行2
                  0

                    そう、キューバへは「近くへの遠回り―日本・キューバ現代美術展」@ウィフレド・ラム現代美術センター(ハバナ市)に参加するためでした。

                    ⇩展覧会の詳細はこちらまで

                    http://www.jpf.go.jp/j/project/culture/exhibit/oversea/2018/02-01_profile.html

                     

                    到着した日にはまだ作品が届いておらず冷や汗ものでした。

                    海外での展覧会では小さなトラブルを一つづつ潰していく強心臓が必要。

                     

                     

                    インストーラーとキュレーターがひとつになった瞬間!

                     

                     

                    今回の新作は「exchangeability」(移動可能性)と名付けた。

                    6月にスパイラルで帰国展があるので細かいことはここでは書かず、制作メモを貼り付けておく。

                     

                     

                    今回の作品制作背景には、統合的世界観の失調という現代の問題が横たわっている。近代化以降、世界各地で成立してきた国民国家という枠組みが、宗教的な枠組みとのズレやグローバリズムなどにより、分散的で不統合な様相を示すようになって久しい。

                    作品では国旗という国家の同定を示すモチーフに対して、ドローイング的な感性による作品の成立を目指している。

                    具体的には、水という流動的な素材のコントロールと非コントロールの痕跡が画面の上を這い回り、紙縒りで結ばれた一つ一つのパーツは交換可能性、増殖可能性を示しており、いつまでも完成を見ない暫定的なフォルムを保っている。

                    また国旗一つ一つが島のようであり、ボートのようであり、個人のようであり、それ一つ一つを儚い紙縒りが繋ぎ止めかろうじて群島的な関係を築いている。そしてどこか一つの糸を抜き去った瞬間に全ての関係が連鎖的に崩壊しそうな危うさを見せる。

                     

                    また個人的には、最初期はキューバをしっかりとリサーチしてそれに対して言及していくような作品を考えていたが、限られた情報と体験のなさにより、あえてキューバとの遠さを国旗という記号でしかしれないという遠さに変換して表現した。

                     

                    ほとんどの国旗は星、月、太陽、線といった要素で出来上がっているが、その色を漂白したり、染付けたり、形を省略したり増幅させたりすることで、それはどの国旗にも変換されうる可能性を持っている。

                    裏側から作品を見ると奇しくもアメリカ国旗に見えるという服部浩之氏からの指摘は興味深く、ユナイテッドステイツという考え方の限界や可能性、キューバとアメリカの関係さえ深読みできるような抽象性がある。

                     

                     

                    最初期に確認して絶句した展示空間の市松模様の床に青い天井に、水墨ベースの国旗作品がなぜかマッチした。

                     

                     

                    | natsunosuke | 展覧会 | 20:08 | - | - | - | - |
                    行脚。
                    0

                      とんでもない一週間でしたが、大きな触発をいくつも受ける素晴らしい一週間でした。

                       

                      雪の山形から6時間かけて着いた満開の梅の京都では、北野天満宮で宮司さんから貴重な話しを聞いた。

                      絶対に見なくてはいけない鬼さんたちと初めてのご対面。会場は刀剣に湧く女の子たちでいっぱい…

                      原作者の方ともお会いして、福音館書店との絵本プロジェクトが本格的にスタートした。舞台は平安時代だが、京都に今のこととして残る歴史や地理的条件を身体に叩き込んで一気にいく!

                       

                       

                       

                      滞在数時間で東京へ戻る。

                      太郎記念館の搬入では赤い壁、黒い床を見た瞬間にいける!と感じた。昭和キャバレー感は意図したものじゃないけどものすごい空気感になってます。あそこに個性の強い20人が…

                       

                      さて、一路名古屋へ。

                       

                       

                       

                      名古屋では愛知県美術館で絵を描いて行こうと決めたきっかけとなったゴッホの「収穫」と再会。この絵のポスターを部屋に貼ってたな。ゴーギャンとナビ派の関係にも惹かれる。

                      あの何物でもなかった美術室での初心を思い出し身が引き締まる。


                      MAT名古屋ではコレクティブワークの可能性から美術教育までじっくりと話すことができた。地域起こしの担い手から若い作り手、ディープなアートプロパーまで、名古屋の奥深さを知った夜でした。

                      なんと2006年に覚王山のギャラリーレイで開催した連続個展「キラキラジェネレーション」のフライヤーを持ってきた方がいて驚いた。あの頃は無我夢中で来るもの拒まず突進してたな。
                      呼んでくれた服部浩之くんとはこれからも継続的なプロジェクトが続くので楽しみ。

                       

                       

                       

                      東京では岡本太郎記念館の内覧会からド派手、かつ感動的なレセプションでした。太郎、敏子という人間のパワーがまだまだ渦巻いていて、その一端に接続されている感覚に興奮する。

                      吉田晋之介くんや梅津庸一くん、オル太、キュンチョメ、サエボーグなど話したかった作家たちが大集合。

                      まだ大学一年の参加メンバーはどう思ったかな。作り続けてたらまた会える。

                       

                      「TARO賞20年 20人の鬼子たち」

                      日時:2017年3月12日(日)〜6月18日(日)10:00–18:00

                      @岡本太郎記念館(東京・青山)

                      http://www.taro-okamoto.or.jp/exhibition/next.html

                       

                       

                       

                       

                      青山の華やかなアートシーンから、すぐに白鷹の芸術界隈へ。

                      山形のニューカマーたちが雪の残る過疎地で荒ぶっております。シーンは意志さえあればどこにでも立ち上がる。

                       

                      「山形藝術界隈展〇二」@白鷹町文化交流センターあゆーむ
                      ayu-m.sgic.cx/item/2131.html

                       

                       

                       

                      さて、山で僕はつくる。

                      | natsunosuke | 展覧会 | 13:28 | - | - | - | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + twitter
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE