奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
<< 学園前。 | main | 大芸術。 >>
南都。
0


    山形からのフライトは濃霧のため遅れる。ただ飛び立ったらそこは絶景!
    雪を頂く月山に立山、能登半島のRも美しい、学園前のきれいな区画整理も機上から確認。



    小学校4年までは赤膚山、それから松陽台、共に最寄り駅は学園前だった。
    始めての絵画教室も、レコードレンタルも、ラジカセ購入も、塾通いも、ここだった。
    風景はだいぶ変わったけどね。

    特に覚えてるのは円形の近商ストアーの和菓子屋2階にあった絵画教室のこと。
    油絵具の匂いで充満する、時の止まったようなアトリエで紫陽花を描いたな。



    さて、到着してすぐに設営開始。
    会場中心を貫くスロープは近鉄奈良線を模している。近鉄によりブロック開発された学園前地区の開発単位フォルムが絵画の形となり、奈良教育大学、帝塚山大学の学生たちにより、東北芸術工科大学「東北画は可能か?」のメソッドで取材から制作までは行われた。
    鑑賞者は神の視点で学園前を俯瞰することとなる。今回は段階開発の初期段階までなので、これから持続的に制作を続けていければと思っている。
    その学園前を正面から大仏が見下ろしているという構図。それは暖かく見守られているのか、きつく縛り付けられているのか。

    折衷様式の辰野金吾に敬意を表し、狩野くんの奈良ホテルを取材した油絵と、三瀬による奈良から山形までの距離を描いた日本画が対峙する。ステンドグラスや柱時計、赤絨毯に照明器具などの主張の強い設えとは、できるだけ共存を目指し、作品サイズ、高さなどを調整した。
    一番手強かった赤絨毯は、結果ハレの空間を演出し、他の会場である中村家住宅や浅沼邸などの日常空間との差別化を付けれたと思う。



    大和文華館のマケットを発見。僕の屏風を借景に、地図上の置かれべき場所に置かれた。
    マケットだけの展覧会とかやりたいな。





    いよいよオープニング。
    徐々に人が増えてくる。大和文華館から流れてくる人も多く、蘇州の文人画を見たその眼で鑑賞されることに緊張する。
    地元の方々も多く、この場所への思いが噴出する装置として「学園前絵画」は機能していた。

    今回、資料コーナー以外に、あえて細かいキャプションは添えていない。キャプションを見て安心するのではなく、謎は謎のまま持って帰ってほしい。



    初日の終わりには参加作家主導により打ち上げ座談会を開催。
    短い時間ではあったけど、ディレクターの野村ヨシノリさんを含めて本音で話せたかと思う。




    11月15日まで会期は続きます。

     
    | natsunosuke | 奈良 | 04:44 | - | - | - | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE