奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
<< 日々。 | main | お籠り。 >>
遺直。
0
    坂本大三郎くんとのトークを終えた。
    第一回は仏師から軍人、彫刻家へと時代の変遷と共に変わり続けた新海竹太郎を取り上げ、御沢仏、ムカサリ絵馬も絡めて、「美術と信仰」に焦点を絞った。今回は斉藤真一と越後瞽女を取り上げ、作家と時代背景の関係、「美術と芸能」にまで話しが及んだ。表現の射程を美術以前・以外にまで拡張してみると、ここ東北の地のなんと豊穣なることか。次回はゲストをお呼びして5月に開催予定です。

    その他にも椹木野衣さんに教えてもらった清水大典をはじめ、取り上げたい人物がまだまだいる。大学院教育ともうまく連動していきたい。

    →再説・「爆心地」の芸術(21)清水大典の冬虫夏草図(1)


    この近代のやり直しのような取り組みをいつの日か展覧会のような形で残したいなと考えています。

    | natsunosuke | 東北 | 10:20 | - | - | - | - |
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE