奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
<< 水の月。 | main | タック。 >>
穢土。
0

     

    芸大の恩師、小嶋悠司先生が亡くなりました。

    何を間違ったか保守的で息苦しい日本画科に進んでしまった僕にとって、小嶋先生の存在と作品は微かな光のようなものでした。

    野外ピロティーにアトリエを構え、合評会ではレリーフや立体作品を提出するといった、日本画学科の先生方に喧嘩を売るような態度だった僕でしたが、小嶋先生の表情だけは恐くて見れませんでした。

    正直なところ、時にアトリエに来てかけてくれる言葉はまるで禅問答のようで、なかなか理解の難しいものでしたが、美術館に並ぶあの陰鬱で艶やかな画面の中で人間の実存を問うような巨大作品はこの人から生まれたのだと思うと、なんとか理解しようともだえ続けたものでした。

    その問いに卒業してから数年後に答えを出せたものもあれば、未だに向き合い続けているものもあります。おそらく先生は僕を通して自身に大きな問いを投げかけられてたんだと思う。それくらい僕に興味のない素振りだったし、大学院で指導担当を希望しながらも外れた僕にとっては永遠に片思いの相手となってしまいました。

    学生時代だった90年代、京芸にはヤノベケンジさん、森村泰昌さん、山本容子さんらが闊歩し、アートの拡張性が叫ばれた中、ロマネスク彫刻からブールデル、柳原義達へ、ピカソ青の時代、セザンヌの凄さ、東寺立体曼荼羅、なんとも古めかしい美術談義を飽きることなく朝まで友人たちと繰り返したことは、間違いなく無言の小嶋先生の影響だったし、今でも僕の骨格を支えてくれています。

    あの頃、まさか僕が大学で日本画を教える立場になるとは想像もしませんでしたが、今ここ東北で学生たちに小嶋先生の作品を紹介することがあります。先生からいただいたものを繋げることが僕のできることかな。

    先生、ようやく穢土から旅立たれましたね。

    | natsunosuke | 京都 | 22:45 | - | - | - | - |
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE