奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
<< 日々。 | main | 山方。 >>
みちのおく。
0
    先日、山形ビエンナーレでの個展会場である山形県緑町庭園文化学習施設「洗心庵」に行ってきました。
    市プロジェクトでもお世話になっている建築家、井上貴詞さんに建物からお庭まで紹介してもらい、いいイメージを得ることができました。 

    ここは山形県素材による建築と、扇状地であるこの場所の立地から地下水、太陽光といった自然エネルギーをいかしているという特徴があります。ただ、空間がかなりきれいに作り込まれているので、僕の空間にするために苦闘の予感…







    そして蔵王の巨石を使った、名造園家岩城亘太郎が手がけた「東北一」の池泉回遊式庭園が素晴らしい!
    室内から室外への導線もしっかりと考えなければいけない。
    樹間に配置された石造美術品の来歴を辿るのも楽しい。



    龍山を模した瀧は地下水を組み上げたもの。



    お庭を歩くと、静と動、洋と和など、段差のある広大な敷地を利用して目まぐるしく風景が変わります。



    離れの茶室もあるんです。
    この変化にとんだ、重層的な歴史につつまれた場所に、4つのテーマをぶち込もうと思っています。

    みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016
    2016年9月3日(土)〜25日(日)
    →詳細はこちらまで。
     
    | natsunosuke | 山形 | 21:05 | - | - | - | - |
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE