奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
<< 無心。 | main | 日々。 >>
サマースクール。
0

    ようやく前期授業が終了しました。

    今年度は初めて大学院の集中講義「アートマネジメント論」を担当。4日間で15コマというとんでもない設定ながら、素晴らしいゲスト講師の方々との充実した時間となりました。

     

    一日目は神奈川文化財団から中野仁詞さんに来ていただき、ヴェネツィアビエンナーレをモチーフとしてリアルなお金の話しにアーティストとの恊働のお話。また大阪の文楽問題を取り上げて、芸術とは守られるべきものかという問い掛けもあった。

     

     

    2、3日目は森美術館の後藤桜子さんとART-iT編集者でアーティストの良知暁さんに来ていただき、「作品のない展覧会」をつくるためのワークショップを開催。

     

    美大にいるということは、あるメディアを選択しスキルを磨きながら専門領域を深めていくわけだけど、ここではグループワークとレクチャーによりこれまで培った技術を捨て、自身の枠組みを拡張し展覧会の開催までを行った。

     

     

    「アーティストが生きていく環境づくり」こそがアートマネジメントであるというスタンスはとても力強く、双方向に影響を受け合おうという彼らの姿勢は学生たちの共感をよんでいた。

    レクチャーやフィードバックで示される参照項のほとんどは海外のもの。現代アートにおける先行事例と自作が似ていることがけっしてマイナスなのではなく、学生たちのアイディアの芽が世界水準で共鳴する可能性の提示であり、歴史と同時代性の中でどのように磨き展開していけばいいのかという提案の数々に感動した。

     

    この二日間は常に前向きなアートの力で溢れていた。

     

     

    後半は3つのグループに別れて「作品のない展覧会」開催のための実践。

     

    「解らないということに耐える」とはあるチームから出てきた言葉。

    これまでならアドバイスを与えてしまっていたタイミングであえて「待つ」ことによりこちらの想像を超えるコレクティブワークが生まれてきた。

    現代の祭り、キャプションと作品の再考、ロールプレイによる共同体の実践などなど、二日間でこれだけできるんだね。

     

     

     

     

    そして多くの刺激で頭がパンパンな僕にもようやく制作の時間がやってきました。

    今年はお盆返上でやりますよ!

     

    希望は大きく、行動は眼の前の一歩から。

     

     

    | natsunosuke | 芸工大 | 05:04 | - | - | - | - |
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE